不動産の売買においての「更地渡し」とは 

query_builder 2021/08/30
ブログ

こんにちわ。甲府不動産です。


売買において、「更地渡し」という条件をご存知でしょうか?

すでに住居などが建っている土地が販売中となっていると、たまに「更地渡し」と書いてあるかと思います。


「更地渡し」とは、建物を売主の責任において解体し、更地にして販売することです。

売却する前に建物を解体してしまうと、固定資産税が上がってしまうため、解体を前提として売却を進めます。


建物が建っている不動産を購入すると、解体費用を含めて住宅ローンを計算する場合が多いのですが、解体に思わぬ費用が掛かり、住宅ローンを超え余計な費用が発生してしまう恐れがあります。なので、現況のままの土地購入よりも、すでに更地か「更地渡し」の条件が好まれることが多いのです。さらに不動産投資として不動産を購入する場合には、土地のみのほうが事業を始めやすいということもあります。


建物付きの不動産を売却検討される際には、一度解体する場合にはどのくらいの費用がかかるかも合わせてご相談いただけるとよいかと思います。

もちろん築浅の物件は、建物を修繕してそのまま販売することもできます。

そういったことも不動産業者のほうでアドバイスできるかと思います。ぜひご相談の参考にしていただければと思います。


続く


甲府、甲斐、昭和周辺の土地、新築・中古住宅、マンションの購入、不動産売却は株式会社甲府不動産まで!

TEL: 055-225-6960 

MAIL: info@kofu-fudosan.jp

NEW

  • 道路のセットバックとは? 

    query_builder 2022/10/18
  • リレー返済とペアローンの比較検討

    query_builder 2022/07/31
  • 賃貸借契約における、借主が亡くなった場合について

    query_builder 2022/07/28
  • マンションの利用規約のペット可が、不可になってしまった件

    query_builder 2022/07/04
  • 外からの視線について

    query_builder 2022/06/24

CATEGORY

ARCHIVE